イルカと遊ぶ

{{slide.SlideTitle}}

いたるところでイルカと出会える西オーストラリア州の海岸線は通称「ドルフィン・コースト」と呼ばれています。この辺りに生息するバンドウイルカはとてもフレンドリー。他では味わえない、かけがえのないイルカ体験を満喫できます。

野生のイルカとの触れ合いが楽しめるビーチは、パースの北、世界遺産に指定されたシャーク・ベイにあるモンキー・マイア。浅瀬には毎日のように数頭のイルカが集まってきて、人々と触れ合い、遊んでいきます。定期的にビーチを訪れるイルカは、ニッキー、パック、サプライズ、ピッコロら8頭。他にも20頭ほど生息していますが、年に数回しか姿を現さないイルカも。イルカが現れるのは大体1日に3回程度、朝の時間帯が多いようです。モンキー・マイアを訪れた人はレンジャーの指導を受け、イルカに餌をあげることも可能。

海に潜ってイルカと一緒に泳ぎたいなら、パースまたは南西部へ。パースから車で約2時間、バンバリーにあるクーンバナ湾にはおよそ90頭のイルカが生息しており、ほぼ毎日、「ドルフィン・ディスカバリー・センター」の目の前の波打ち際までやってきます。ここにはイルカとの触れ合いゾーンがあり、ゆったり泳ぐイルカがいる水中に入ることができます。さらには、ボートやクルーズ船でイルカを見に行くツアーも人気。

パースからほど近いロッキンハムやマンジュラもバンドウイルカを間近に見ることができるスポットとして人気です。ロッキンハムでは、150頭ものフレンドリーなバンドウイルカが生息し、好奇心旺盛なイルカと一緒に泳ぐことも可能。また、ボートで沖合いに出て野性のイルカを見るツアーもあります。ボートツアーに行くと、イルカから人間のほうに近寄ってくることも。華麗なジャンプを披露しながら釣船の港までエスコートしてくれたり、イルカはサービス精神も旺盛なのです。

ツアー

「モンキー・マイア・ドルフィン・リゾート」内のドルフィン・インフォメーション・センター(7:00~16:00)で、イルカの生態に関する情報を入手できます。

バンバリーにある「ドルフィン・ディスカバリー・センター」では、クーンバナ湾に生息するイルカと一緒に泳いだり触れ合うことが可能。また、ナチュラリスト・チャーターズ(Naturaliste Charters)では、クーンバナ湾で年間を通じてイルカを見るツアーを催行。

ロッキンハム・ドルフィンズ(Rockingham Dolphins)
チャーターボート・ツアーでイルカを見たり、一緒に泳いだりすることも可能。

コーストライン・ツアーズ(Coastline Tours)
パースの海岸線を行くツアー。イルカの生息地でもあるマンジュラ運河でイルカたちを見ることができる。