マンジマップ (Manjimup)のトリュフ狩りに参加しませんか

壮大なジャラとマーガレットリバー (Margaret River)の東にあるカリー (Karri)の森の間に位置する、 マンジマップ (Manjimup)の肥沃な地帯です。 土壌が一番豊かで、寒冷な気候のここは、高級ブドウと黒トリュフの栽培には非常に適しています。トリュフで有名なフランスとニュージーランド (New Zealand)の地域と似たような場所です。

マンジマップ (Manjimup) はパース (Perth) の西295キロメートルに位置し、 南半球では最大の高級ペリゴール・トリュフの生産地です。 田舎の方を観光道路に沿ってブリッジタウン (Bridgetown)ナナップ (Nannup)または ペンバートン (Pemberton)から走るのは楽しい旅です。

世界で最高級の食材とされるトリュフは、 キノコに分類され、 共生関係を持つオークやヘーゼルナッツなどの特定の木の根の近くで育ちます。

「気の強い」トリュフ犬、マンジマップ (Manjimup)

それらの味と香りは表現するのはとても難しいですが、 「美食家のキノコ」として好む人もいます。 辛味、刺激、土の香り、など独特の風味があり、料理では非常に少量を使用します。

オーストラリアのトリュフのシーズンは、 6月から9月にかけてで、マンジマップ (Manjimup)では毎年恒例のイベントとともに始まります。 この人気イベントで出される、#160;地域特産のレアな品質の冬の黒トリュフ(チュベル・メラノスポルム とも呼ばれる)を目当てに、世界中から人々がやってきます。 このイベントでは、黒トリュフの素晴らしさと 周辺地域の郷土料理が紹介され、 訓練されたトリュフ探索犬とともに トリュフ狩り に参加することもできます。

地中に埋まっているものを見つけるために手を汚して、なぜサウス・ウエストの金のような欠片が地元のトリュフ商品に使用されるだけでなく、 世界中の一番高級なレストランへ輸出されるのかをお確かめください。

サウス・ウエストの自然の探索 とワインとドライブ、以下