自然歳時記人なつっこいクォッカ

世界一フレンドリーな仲間たちに挨拶しよう

パ-ス (Perth) の海岸からすぐのところにあるロットネスト島(Rottnest Island)の63の素敵なビーチ、20の美しい湾とたくさんのサンゴ礁や沈没船は、オーストラリアでも最高のスイミング、シュノーケリング、サーフィンのできるスポットです。そして陸上では西オーストラリアにしかいない最高にかわいい有袋類(marsupial)、世界的に有名なクアッカワラビー(quokka)に出会えます。 

ロットネストはネズミの巣という意味で、オランダの探検家Willem De Vlaminghがワラビーをネズミと間違えてつけた名前です。ロットネストには1万頭ほどしかいませんが、クオッカワラビーはサウス・ウエスト

ノースクリフ(Northcliffe)でも見つけられます。クアッカワラビーは有袋類で、様々な草地や低木地帯に暮らし、新鮮な水無しで1ヶ月まで生きていられます。人間の食べ物を与えると脱水症状になる可能性があり健康に悪いため、クアッカワラビーに餌を与えないようどうぞご注意ください。 

{{data.DisplayProperties.SubTitle}}

{{data.DisplayProperties.Title}}

 

{{data.DisplayProperties.SubTitle}}

{{data.DisplayProperties.Title}}

 

{{data.DisplayProperties.SubTitle}}

{{data.DisplayProperties.Title}}

 

{{data.DisplayProperties.SubTitle}}

{{data.DisplayProperties.Title}}